カルシウムの役割|HGHデルタバランス成分解明

桶の理論について

 

身長が伸びやすい体づくりをする際に、
頭においておきたいのが「桶の理論」です。

 

たとえば「アミノ酸」を摂取しその効力を得ようとします。
しかしそこで、たくさんあるアミノ酸のうち1種類だけを摂取したとしたら、
その効果は得られません。
その効果は、そのアミノ酸だけでなく他のアミノ酸も一緒にとることではじめて発揮されるのです。

 

桶の理論とは、アミノ酸1種類につき桶の縦の板1枚として考えると、
板1枚では水はたまらず(効果は発揮されず)、全種類の板(アミノ酸)が必要であるということ、
また、全種類の板(アミノ酸)がそろってもその長さ(アミノ酸の量)が少ないと
水は一番少ない板の分しかたまらない、という考えです。

 

骨の成長にもこの理論が使われます。
色々な種類のアミノ酸を摂取することによって骨の材料としてのコラーゲンが形成されますが、
全てのアミノ酸がバランスよく十分に摂れていないとコラーゲンもできないのです。

 

スポーツ選手やモデルの方も理解し取り入れているこの桶の理論。

せっかく身長を伸ばす体づくりをするのなら、
この桶の理論をおさえておきましょう。

 

HGHデルタバランスなら桶の理論が考慮されており、
バランスよく身長が伸びる体づくりのための成分を摂取することができます。

 

 

カルシウムの役割

 

身長を伸ばすためには、骨を長く頑丈にすることが大切です。
そうするためにはカルシウムの役割が活躍します。
というのも、カルシウムには成長期にタンパク質で増加している骨の細胞を
強くさせるはたらきがあるためです。

 

体の中に蓄えられているカルシウムの99パーセントが骨をつくるために使用されていて、
残りの1パーセントが血液などに使用されています。
カルシウムが不足すると、骨に蓄えられたカルシウムが消耗され、
そうなることで骨が弱くなり、骨粗鬆症になる恐れが出てくるのです。

 

1日のカルシウムの必要量は約600mg、
こどもの成長期であれば約900mgと言われていますが、
普段の食生活からはその必要量を摂取できないことが多いです。
食物でカルシウムを摂取するために気をつけるとすれば、カルシウムを、
ビタミンDがたくさん含まれた卵や、ビタミンKがたくさん含まれた納豆等と
あわせて摂取すると吸収が良いため効果的です。

 

また、カルシウム以外の成分についてはHGHデルタバランスを摂取することで補充し、より効果的に身長を伸ばしましょう。

 

→身長を伸ばすための成分が豊富なHGHデルタバランス